森 康哲のブログ

[旧称:森 康哲の入手情報]
・当家関係者の閲覧はご遠慮下さい。
・デザインは、解像度XGAで、文字サイズは、
IE:小/Firefox・Chrome:標準を基準に作成しています
大量のスパムが来るようになったため、現在はコメントに画像認証を導入しています。

ビール・発泡酒・新ジャンル他

サントリー ホップタイム PM6:00&PM9:00

image両方とも16/10/10に買いました。6:00はP(利根川工場)製で、9:00はL(京都工場)製で、両方とも16.9.中旬製です。

それぞれのアロマホップの華やかさはそれなりに感じますが、両方ともあまり強くはなく、苦味も両方とも適度で、6:00の方がやや柔らかく、9:00の方がややしっかりした感じで、両方ともコクはそこそこで、ほんのり甘さはありますが、甘さの質は悪くなく、雑味もほとんど気にならないので、かなり良くできていると思います。今年もぜひ再発売して欲しいです。

黄桜 京都麦酒 ペールエール

image16.11.21にK氏の葡萄酒的日常WEBマスターに送ってもらいました。2016.7製です。

味は苦味がしっかりありますが、ペールエールとしては香りや甘味はやや控えめで、やや大人しい感じのペールエールです。

銀河高原ビール エクストラペールエール

image16.11.26に確かカフェランテ名古屋茶屋で買いました。17.5.中旬賞味期限です。

味は苦味がしっかりあり、シトラホップの華やかな香りもあり、コクはそこそこで、やはりヴァイツェンっぽい酸味が微かに感じられ、後にも苦味の余韻が残り、なかなか美味しいです。

アサヒ ドライプレミアム 豊醸 香り贅沢ビター

image16.11.9にセブンイレブン大府駅西店で買いました。S(名古屋工場)製で、16.9.中旬製です。

確かにほのかなアロマホップの香りがあるし、苦味もしっかりあり、アルコールに由来すると思われる飲みごたえと甘さもしっかりありますが、コクはそこそこで、ドライ感もあまり無く、焙煎仕立てがすごく良かっただけに、今一つパッとしないかなと思います。

クーパーズ ベスト・エクストラ・スタウト

image16.12.14にアルコ錦店で350円で取り寄せてもらいました。COOPERS BREWERY LIMITED(オーストラリア)製で、キワ株式会社が輸入していて、17.5.22賞味期限です。

焙煎麦芽の香りがしっかりあり、味もかなり苦味が強く、コクはそこそこで、甘さは控えめですが、炭酸とアルコールの刺激が強く、かなり重い感じで、これまでに飲んだスタウトの中でも、一番力強いビールで、最初はかなり重いなぁと思いますが、飲み進めるうちに、それが快感になって来ます。

バド・ライト

image17.1.30に下の妹がグアムに旅行した際に買って来てもらいました(日本で売ってないバド・ライトとミラー・ライトは買って来てもらいましたが、クアーズ・ライトは日本仕様と同じようなデザインだったので、他のを頼みました)。ANHEUSER-BUSCH製で、17.5.27賞味期限です。ここ数年は、青ベースのスポーティーなデザインになっていましたが、2016年頃から通常のバドワイザーを青くした缶に変更されています。

味は、バドワイザーをさらに軽くした感じで、コクも苦味も控えめで、軽い酸味があり、スーっと喉を通っていき、美味しいです。日本でも、アサヒ ザ・ドリームに対抗して、キリンから導入して欲しいですが、キリンは淡麗グリーンラベルとコンセプトや味わいが被る(淡麗グリーンラベルだって、十分美味しいんですよね…)し、サントリー時代に導入するも、短命に終わったようなので、難しいのだろうなぁ…。

エチゴビール FLYING IPA

image16.10.10に買いました。エチゴビール製で、17.5.12賞味期限です。

IPAらしい華やかなホップの香りで、味も苦味がかなり強く、やや金属的な固い苦味で、コクはそこそこで、後にも苦味がしっかり主張します。悪くはないのだけど、個人的には苦すぎます。

月面画報

image16.12.27に買いました。ヤッホーブルーイング製で、17.5.上旬賞味期限です。

ぺールエールらしい華やかなホップの香りで、味は苦味がかなり強く(だんだん慣れてきますが、最初のインパクトが結構強いです)、コクはそこそこで、後にも苦味がしっかり残り、なかなか美味しいですが、物によっては強い苦味が快感になるのですが、そこまでには至りませんでした…。

K氏の葡萄酒的日常には、苦味は抑制的とあり、結構違う印象を持ったのですが、何でなんだろう…。

サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー(2017)

image17.4.30にすぎた大府店で買ってもらいました。Y(静岡工場)製で、17.4.中旬製です。

味はスッキリしていて、コクや苦味はそこそこで、やや酸味があり、通常の黒ラベルよりもマイルドな感じで、バランスが良く、なかなか美味しいです。2016年版は、賞味期限ギリギリに飲んで、ちょっと劣化していたのですが、やっぱり新鮮なうちに飲むと、美味しいですね。

サッポロ プレミアムビール(グアム仕様)

image17.1.30に下の妹がグアムに旅行した際に買って来てもらいました。サッポロ・ベトナム製で、17.8.24製です。アメリカ本土では、カナダ・スリーマン社製のサッポロ プレミアムビールが販売されているので、当然カナダ製だと思っていたのですが、ベトナム製だったのが意外でした。

味はスッキリしていて、コクはそこそこで、日本の黒ラベルよりも軽い感じですが、苦味はそこそこ強く、全体的にバランスは良く、アメリカンよりの黒ラベルという感じで、なかなか美味しいです。

三代目三遊亭円歌師匠のご冥福をお祈り致します。黒ラベルは、私の母方の祖母が長年愛飲していたので、祖母のビールという印象がありますが、円歌師匠も黒ラベル一筋だったというのが分かり、何となく親近感が沸きました。

sapporodraft_can日本の黒ラベルの缶デザインは、非常にバランスが悪く、最大の特徴である『DRAFT BEER』の表記すらないと言う酷いデザインの缶で、黒ラベル史上最低のデザインだと思います。今年の発売40周年を機に、海外の『サッポロプレミアムビール』とデザインを統一して欲しかった(日本だけ独自のデザインを採用することを、私は『ガラパゴスデザイン』と呼んでいますが、海外と比べて大きく劣っていることが多く、すごく残念に思います)ですが、残念ながらデザインはそのままで、ガッカリしました(缶生の頃も、最後の2年は黒ラベルじゃなかったので、名前だけ黒ラベルでも構わないと思いますし、それがダメなら星の周りを黒くすれば良いと思います)。味はすごく美味しいのに、デザインが台無しにしているのはかなり残念で、煙草の『メビウス』も、『マイルドセブン』の頃は7年程度ガラパゴスデザインでしたが、メビウスに改名する際に海外と統一していて、結果的にシェアアップにつながったので、黒ラベルも持続的な成長をして欲しいので、画像のようにサッポロプレミアムビールと統一することを強く望みます。

麦彩

image16.11.2にバロー刈谷店で買いました。ベトナム製で、中部流通が輸入して、2016.7製です。

味はスッキリしていて、コクはあまり無く、どこがヨーロピアンテイスト?という感じですが、苦味や渋味がしっかりあり、上手く雑味を制していて、なかなか美味しいです。

ブローリーマイスター プレミアムラガー

imageさっき、北野エース 近鉄パッセ店で126円で買いました。オーストラリア製で、ドウシシャが輸入していて、17.11.30賞味期限です。現在のドウシシャのサイトにはマイスターしか掲載されていないので、ブローリー プレミアムラガーがリニューアルしたのだと思います。

味はスッキリしていて、コクも苦味もしっかりあり、0.00%のノンアルコール特有の匂いは全然無く、アルコール度数が0.9%であることと飲んだ後に鼻から抜ける香りが少し独特なこと以外はビールとほとんど変わらないです。
ただ、淡麗グリーンラベルの5分の1のアルコールが含まれていて、私があまりアルコールに強くないこともあり、少し酔った感じがするので、運転前に飲んではいけないですが、運転しない日に昼間から飲むには最適だと思っているので、時代遅れだと思っていたアルコールが入ったビールテイスト飲料の代表格のブローリーがリニューアルして存続するのは嬉しいです。

キリン のどごしスペシャルタイム

image17.4.25にアピタ大府店で129円で買いました。14(仙台工場)製で、17.4.上旬製です。

味はスッキリしていて、コクはそこそこで、苦味がしっかりありますが、やや金属的な感じで、最後までしっかり主張します。
炭酸もやや強く、意外にもドライな感じで、ほのかな酸味はありますが、雑味はほとんど無く、結構美味しいです。
夜のどごしのような感じを想像していましたが、むしろ澄みきりの後継製品を意図している感じで、澄みきりは若干甘味が気になった記憶がありますが、これは甘味は全然無く、キレやのどごしも良いので、今回こそは人気が定着して欲しいと思います。

キリン一番搾り 北海道づくり(2016/第二弾)

image16/12/25に9工場セットを買って来てもらいました。31(北海道千歳工場)製で、16.11.中旬製です。『出汁之介』オリジナルタンブラーは17.3.19に旅まつり 名古屋2017で買いました。

2015年版は、もっとスッキリ軽やかな味わいだったはず(2016年第一弾は残念ながら未飲)ですが、2016年第二弾は、ホップの華やかさは多少は感じるものの、苦味は一口目のインパクトが結構強く(飲み進めると、慣れてきたのか、一番搾りとしてはそこまで強い訳ではないかなとも思いましたが…)、その割にコクは多少強くなった程度で、一番搾りとしては弱い部類で、ちょっとバランスが崩れた気がします。

P1020078dashinosuke出汁之介は、旅まつりにいたのは、着ぐるみではなく、空気で膨らませた人形で、スタッフが後ろから動かしていました。

アサヒ スタイルフリー フルーツビアカクテル キウイ

image16.6.11に買いました。B(茨城工場)製で、2016.4賞味期限です。

これも味はスッキリしていて、ビールのコクは全然無く、苦味も控えめですが、ベリーミックスよりは若干強く、キウイのフレーバーにも合っている気がしますが、これもベリーミックス程ではないですが、アセスルファムカリウムの甘味がちょっと引っ掛かります。

琥珀ヱビス(2016)

image16.9.15に買いました。Y(静岡工場)製で、16.8.下旬製です。

焙煎麦芽の香りはほのかに感じる程度で、味も苦味がしっかりありますが、通常のヱビスほど強くは無く、コクはしっかりあり、ほのかな甘味も感じられ、なかなか美味しいです。琥珀ヱビスって、こんなマイルドだったっけ?と思いましたが、K氏の葡萄酒的日常によると、やはりそういう方向に変化したようですね。

アサヒ スタイルフリー フルーツビアカクテル ベリーミックス

image16.6.25に買いました。B(茨城工場)製で、2017.4賞味期限です。

味はスッキリしていて、ビールのコクは全然無く、苦味も控えめで、ベリーミックスのフレーバーにも合っている気がしますが、アセスルファムカリウムの甘味がちょっと引っ掛かります。個人的には果汁を増やして、甘味料不使用で行って欲しかったのですが、それでは糖質0にならないのでしょうね。

ハイネケン(タイ仕様)

image16.10.5に父親がタイに出張した際に買って来てもらいました。THAI ASIA PACIFIC BREWERY Co, ltd.製で、16.8.29製です。

ガスっぽいホップの香りは感じますが、匂いがあまり良くなく、味も苦味はしっかりありますが、酸味がかなり強く、ハイネケンはこんな味ではなかったので、劣化したと思われ、残念です。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 〈秋〉香るエール

image16.9.26に買いました。P(利根川ブルワリー)製で、16.8.中旬製です。

2015年の芳醇エールと比べて、エールらしさがはっきり感じられるようになり、味も苦味はそこそこで、コクはしっかりあり、甘味や酸味が結構強く、なかなか美味しいです。

サントリー 冬の旬味(2016)

image16.11.16に買いました。L(京都ブルワリー)製で、16.10.下旬製です。

味は、秋の旬味から焙煎麦芽を無くして苦味をやや強くした感じで、新ジャンルとしてはしっかりコクがあり、苦味はそこそこ強く、やはり甘味が少し気になりますが、バランスは悪くなく、なかなか美味しいです。

サントリー 秋の旬味(2016)

image16.8.26に買いました。L(京都ブルワリー)製で、16.8.上旬製です。

焙煎麦芽の香りはそこそこ強く、味も新ジャンルとしてはしっかりコクがあり、苦味はやや控えめで、少し夜のどごしと同様の甘味がありますが、全体的にマイルドな感じで、アルコール6%の飲みごたえは十分感じられ、バランスは悪くなく、なかなか美味しいです。

キリン 夜のどごし(2016)

image16.10.10に買いました。15(岡山工場)製で、16.8.下旬製です。

味は、苦味はしっかりあり、コクもそこそこ強いですが、甘味が結構強く、麦100%新ジャンルにありがちな単調な甘味で、かといって、麦とホップ 赤のように全体的に強い感じでは無く、甘味だけが強く主張する感じで、バランスが悪く、不味くはないですが、今一つです。

クーパーズ スパークリングエール

image16.12.14にアルコ錦店で350円で取り寄せてもらいました。COOPERS BREWERY LIMITED(オーストラリア)製で、キワ株式会社が輸入していて、17.4.23賞味期限です。
(アルコは飲食店に卸すサカツコーポレーションの小売り部門なので、飲食店向けに扱っていれば、在庫していなくても1本単位で取り寄せてもらえます)

ほのかにフルーティーな香りが感じられ、味は苦味がしっかりあり、コクもそこそこ強く、舌の奥にフルーティーな甘さとアルコールの刺激が感じられ、結構複雑な味わいで、なかなか美味しいです。

サッポロ 麦とホップ 赤 FEST STYLE(2016)

image16.10.27に買いました。Y(静岡工場)製で、16.9.下旬製です。

ちょっとアルコールの匂いが気になり、味も苦味もコクも強く、飲みごたえはしっかりありますが、その下に麦とホップ The goldと同様の甘味があり、ややわざとらしい感じで、ビールと間違える感じではないものの、不思議とまとまりはよく、個人的には秋の薫り麦よりも好みです。

サッポロ 麦とホップ 秋の薫り麦(2016)

image16.8.26に買いました。Y(静岡工場)製で、16.8.上旬製です。

焙煎麦芽の香りはほのかに感じる程度で、味も苦味がしっかりあり、コクもそこそこ強く、ほのかな甘味もあり、それなりに美味しいですが、アルコール度数が一般的な5%になったこともあり、2015年の『秋の本熟(こちらも麦100%で、アルコール度数は6%でした)』ようなわざとらしい位の飲みごたえは無く、麦とホップに焙煎麦芽を加えた感じで、私は秋の本熟が好みだったので、ちょっと拍子抜けしました。

キリン秋味(2016)

image16.8.26に買いました。12(名古屋工場)製で、16.8.中旬製です。

2015年版は香りが強くなった気がしましたが、再び落ち着いた方向に戻り、味も苦味の押しが強く、コクもそこそこ強く、2014年版の方向に戻った感じで、秋味ってこういう味だったんだよなぁと思います。美味しいけど、やっぱり秋に飲みたかったなぁ…。

キリン 零ICHI(試飲缶)

imageimage

発売前キャンペーンに当選して、17.4.1に到着しました。15(岡山工場)製で、17.2.上旬製です。

ノンアルコール特有の匂いに酸味を帯びた感じで、味も苦味がしっかりありますが、コクはあまり無く、やはり香りと通じる、劣化したような独特な酸味があります。ハイト製のノンアルコールに近い感じで、悪くはないものの、自信過剰だと思います。

オリオン ゼロライフ(2016)

image買った時期は忘れましたが、名古屋わしたショップで買いました。16.8.中旬製です。

味はスッキリしていて、コクはほとんど無く、苦味も控えめで、後味にアセスルファムカリウムの甘味が少し気になりますが、悪くないと思います。

コルト45(シンガポール仕様)

image3/10にシンガポールに行ってきた下の妹に買って来てもらいました。ASIA BREWERY INC.(フィリピン)製で、17.4.19賞味期限です。

アルコールの匂いが気になり、味もコクはあまり無く、苦味はそこそこで、炭酸はやや強いですが、アルコールの甘味が気になり、飲みごたえは強いですが、全体的に粗暴な感じで、あまり美味しくはないです。缶のまま飲んだ方が、炭酸が逃げず、匂いも感じにくいので、まだいいかなと思います。

クラウド(2016)

image2017.3.14に下の妹が韓国に行った際に買って来てもらいました。ロッテ酒類製で、16.8.31製です。
クラウド・マイルドが欲しかったのですが、クラシックしか見つからなかったらしいです。

味はスッキリしていて、コクはあまり無いですが、ハイトやOBとは違って、加水調整していないので、水っぽさは全く無く、当初より苦味が抑えられて、マイルドになった感じで、ほのかな酸味や渋味がアクセントになっていて、なかなか美味しいです。
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Search
Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Other Blog / SNS
森 康哲の購入報告
 買ったものについて、(できるだけ)リアルタイムに報告するブログです。

森 康哲の煙草コレクション
 煙草コレクションを紹介するブログです。

Facebook
 主に、キャラクターの情報を書いています。

deviantART
 これまでに撮影したキャラクター(着ぐるみ)の写真や、過去に作った作品などを掲載しています。
不思議なピクミー」は、株式会社リズムファクトリーの商標です。株式会社リズムファクトリーに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社リズムファクトリーに属します。
livedoor Profile
QR-Code
QRコード
Comments
  • ライブドアブログ