P2290443もう1週間経ってしまいましたが、CA004を買って、ちょうど2年経った2/28に、HONEY BEE 101Kに変えました。2年経ったらいつでも変えられると勘違いしていたのですが、私の入っていたプランEシンプルは、契約した月に変えなければ、手数料がかかるプランだったので、急いで変えました。

購入した店舗は、どこが安いかを確認するために、何店舗も回った結果、25000円の商品券によるキャッシュバックがあった(本体価格はどこでも同じでした)テレコムランドアピタ大府です。かつては、知多・アピタ刈谷・アピタ東海荒尾・名和北を含む5店舗があり、CMが流れていた時期もありましたが、現在はアピタ大府が、マサヤ・イーライフ株式会社が経営する(他の地域では、別会社の運営するテレコムランドがありますが、関係は無いようです)唯一のテレコムランドです。

CA004は、2年も使えばそれなりに愛着はわいていて(私は、携帯は傷がつくほど愛着がわくと考えています)、使いづらい部分にも慣れたのですが、動作の重さは、どうしようもなく、HONEY BEE 101Kは、物理的には9g重いのですが、気になるレベルではなく、CA004と比べて動作が非常に軽い(基準が「カメラは一流、携帯電話としては3流」なので、当てにならないかもしれませんが)ので、その点では非常に満足しています。

操作体系は、ガラケーとはまったく違うので、初日は悪戦苦闘して、絶望したほどでしたが、翌日には一通りできるようになり、1週間もすれば、使いやすいと思うまでになりました。とはいえ、数字や文字を入力したり、ゲームで連打したりする際には、やはりボタンのほうがいいと思います。操作体系になれる覚悟ができる人には、

hbshiyoyo

とすすめることができます。
ちなみに、タッチペン(FSC/FS-SPEN-PK)を買いましたが、先端がゴム製のためか、あまり感度がよくなく、手袋をしているとき以外は、ほとんど使っていません。
ヨドバシカメラのネットショップで480円(24回払い)で買いましたが、翌日にセリア大府江端店で、同じようなのを見つけて、がっかりしてしまいました。
USB充電ケーブル(丸七/KM-05/USB簡易電源(これもセリアで買ったもので、確か丸七製)と組み合わせて持ち歩いています)と、液晶保護シート(元林/MSGS-4/切断と貼り付けに失敗して、結局上の妹が買ったものの余りをもらいました)は、セリア大府江端店で買いました。セリアは、こういった電気関係の消耗品が充実しているのがありがたいです。
予備の電池パック(KYBAA1)も、ヨドバシカメラのネットショップで2940円(24回払い)で買いました。CA004では、半年で劣化して、ROWA JAPANで互換バッテリーを2回買いましたが、まだ新機種なので、ありませんでした。
デザインは、まずそこにほれ込んだので、当然ですが、細部にまで気を使ってあり、かわいくて、すごく好きですし、キャラクターも、至る所に散りばめられていて、この点もすばらしいです。

デザイン・キャラクター・機能性・使いやすさのすべてにおいて、かなり高水準なのは、さすが京セラだと思います。これからも、京セラ製の、販売されているうちはHONEY BEEシリーズを、キャリアを問わず、使い続けようと思います。

covercolle_boughtカバーは、デビュー宣言に間に合って、申し込んだのですが、カバコレの方も欲しくなり、左画像のデザインで12回払い(価格は3480円。12回だと月290円)で申し込んでしまいました。このデザインは、ピンクで使う前提でデザインされたのではないかと思いますが、プレビュー画面を見る限りでは、ホワイトピンクのほうが相性がいいと思います。

ちなみに、PCサイトの画像にあったのは、すべてそろっていましたが、カタログのイメージ画像のものは、1個もありませんでした。買ったものが、最も近いですが、配置に大幅な修正が加えられています。

販売されているデザインは、下記の12種類です。カバコレアプリからダウンロードした画像です。
covercolle_whitepink1covercolle_whitepink2covercolle_whitepink3covercolle_pink1covercolle_pink2covercolle_pink3covercolle_blue1covercolle_blue2covercolle_yellow1covercolle_yellow2covercolle_black1covercolle_black2

(C) Kyocera Corporation