f3cf1efe.JPG昔のヤクルトのコーンスープは、コーンがペースト状になっていて、個性的ではあったのですが、味が塩辛くて、非常に不味かった記憶があります。(ネット上でも評価が極端に分かれていますが、やはり否定派が多いです)

2009年版は、普通の粒入りのスープで、アサヒとろまろに通じる独特な甘さがあって、悪くはないですが、後に雑味がかなり来るので、その辺を改良すれば、昔のようなロングセラー(10年近くそのまま販売されていた)になるのではないかと思います。

ニュースリリース
コーラ白書「特別企画 キング・オブ・コーンスープ決定戦」(1997-1998年シーズンの評価)