数週間かけて「Otearai Web」のプチ日記をすべて読んでみた。
なかなかの傑作です。