森 康哲のブログ

[旧称:森 康哲の入手情報]
・当家関係者の閲覧はご遠慮下さい。
・デザインは、解像度XGAで、文字サイズは、
IE:小/Firefox・Chrome:標準を基準に作成しています
大量のスパムが来るようになったため、現在はコメントに画像認証を導入しています。

佳撰 菊の世(富久娘酒造製)

4cc9a4c7.jpg[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/10/24 1:にメールで下書きしたものに、さらに加筆して、18/11/4 23:04にPCから掲載したものです。]
17.11.4に(株)萬繁で買いました。富久娘酒造製で、2017.9製です。

味はやや淡麗やや甘口で、一応押し入れに入れていたのですが、ちょっと劣化が始まっていて、常温だとくどさや後味の苦味が少し気になりますが、冷やせば多少は抑えられます。ぬる燗でも旨味はそこそこあるものの、ちょっと辛さが前に出過ぎる感じで、個人的には冷酒がベストです。ただ一升飲みきるのに1週間以上かかり、その間も徐々に劣化が進んでいったため、最後の方はちょっとしんどかったです…。

刈谷市発祥ながら、近年は刈谷市内でもほとんど見つからなくなっていて、ネット上でも旭化成大仁酒類工場時代富久娘酒造時代の商品は、私がアップした写真しか見つからない状況ですが、オエノングループのサイトに掲載されていた情報では、『創業者と親交のあった御歌所寄人(おうたどころよりうど)、板正臣が詠んだ和歌「日に匂ふ、かぎりを菊の世界かな」にちなみ、明治5年に発売』された銘柄で、『アルコール分:15%/日本酒度:+1.0/酸度:1.2』です。菊源氏の佳撰もスペックは同じだったようなので、近年は中身は共通化されていたようです…。

今は亡き「まるかどめるかど」の一覧(インターネットアーカイブ。蔵元のページはアーカイブ漏れしていたため、保存していなかったのが悔やまれます…)を参考に醸造元の変遷を表記すると、『廣瀬(名)刈谷支店(刈谷市広小路5丁目。明治村のページによると明治28年に碧南市から移築され、昭和44年に解体し、明治村が保存したもので、それ以前は不明。本社は名古屋市南区本星崎223にあった模様)』→『東洋醸造(株)名古屋工場(西加茂郡三好町大字福田字池田61番地。医薬品部門は旭化成ファーマ(株)名古屋医薬工場として現存)』→『旭化成工業(株)大仁酒類工場(静岡県田方郡大仁町三福632-1。医薬品部門は旭化成ファーマ(株)大仁医薬工場として現存)』→『富久娘酒造(株)灘工場(兵庫県神戸市灘区新在家南町3-2-28。チューハイ部門はオエノンプロダクトサポート(株)として現存)』となっています。

2017年末をもって富久娘酒造が酒蔵を閉鎖して、福徳長酒類の韮崎工場に移管してオエノンプロダクトサポートとして酎ハイの受託醸造に特化しているのですが、オエノングループの清酒事業発祥の地であるにもかかわらず、灘からオエノングループの酒蔵が姿を消したのとともに、非常に残念だったのが、菊の世の廃止で、145年の歴史あるブランドで、父親の出身地でもある刈谷市発祥のブランドであった菊の世が姿を消したのは、相当ショックです。

11月のピクミー

画像は、18.1.7/18.2.2現在のPC版コルネコ★ランドです。不定期に画像を掲載しています。(最終更新:11/18 0;16)18/1/25から連続してティアラです。ありがとうございます。相変わらずピコの数が不安定で、現在はリボンの日も時々あります…。
11/18に417度目の引渡し(ベリー科 フレーズ・ショコラ+水色の月見団子1つ)をしました。ご褒美はソーイングエプロンワンピでした。

11/11に416度目の引渡し(ヒミツ科 オータム・サツマ+ピンク・群青色の魔女の帽子各1つ)をしました。ご褒美はソーイングバンダナでした。

11/4に415度目の引渡し(ヒミツ科 ハロウィン・パンプキン+黄色・青の月と黒ネコ各1つ)をしました。ご褒美はヨーロピアンなねこあしバスでした。

松竹梅白壁蔵 吟醸カップ

a5eeaad3.jpg[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/10/17 1:09にメールで下書きして、18/11/4 12:53にPCから掲載したものです。]
10/14にベルマートキヨスク一宮中央で281円で買いました。H(白壁蔵)製で、2018.7製です。

吟醸香はやや控えめで、味は淡麗辛口で、スッキリした中にそこそこ旨味はありますが、舌の奥にちょっと苦味や辛味が残り、不味くはないですが、個人的には今一つです。

空木

e2e67340.jpg[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/10/15 1:18にメールで下書きして、18/11/4 12:48にPCから掲載したものです。]
17.3.26に東京スカイツリーのはせがわ酒店で買いました。新澤醸造店K製で、2017.3製です。

常温放置していたため、期待していなかったですが、缶入りで、造りがしっかりしていたため、上手く熟成していて、フルーティーな吟醸香がしっかりあり、味は甘さとコクがしっかりあり、アルコール16%の飲みごたえもしっかりありながら、くどさはなく、なかなか美味しいです。

月桂冠 山田錦 辛口純米

029dfed8.jpg[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/10/14 4:03にメールで下書きして、12:18にPCから掲載したものです。]

10/2にイオン木曽川店で買いました。+O製で、2018.8製です。

味は、私はやや淡麗中口と感じて、冷酒だとスッキリした中に適度な旨味があり、ぬる燗だと旨味が際立ち、これは期待以上の美味しさで、普段からでも飲みたいと思いました。

黄桜 純米酒カップ

d1255976.jpg[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/10/10 2:39にメールで下書きして、18/10/14 12:16にPCから掲載したものです。]

買った時期は忘れましたが、イオン名古屋みなと店で買いました。+M製で、2018.3製です。

冷酒で飲んでいますが、味は淡麗中口で、ちょっと薄い感じですが、スッキリした中にほのかな旨味があり、ほのかに吟醸香があり、なかなか美味しいです。

黄桜は、『清酒』表記と『日本酒』表記を使い分けていて、これは『日本酒』表記です。女性やライトユーザーに気軽に飲んでもらうことを目指した商品のようなので、この場合は分かりやすさを重視したのは正しいと思います。

10月のピクミー

画像は、18.1.7/18.2.2現在のPC版コルネコ★ランドです。不定期に画像を掲載しています。(最終更新:11/1 23;36)18/1/25から連続してティアラです。ありがとうございます。相変わらずピコの数が不安定で、現在はリボンの日も時々あります…。
10月は、20/22/28日を落としてしまったので、28個のロリポップと、オータムケーキカバーを入手できました。相変わらずピコの数が不安定で、10月はずっとリボンでした…。

10/27に414度目の引渡し(ヒミツ科 ハロウィン・パンプキン+かぼちゃクッキー2つ+蝙蝠クッキー1つ)をしました。ご褒美はあわあわお風呂ヘアでした。

10/20に413度目の引渡し(クロバー科 ヨツバ・パステル+ススキ2つ)をしました。ご褒美はなりきりスピカ姫ヘッドでした。

10/12に412度目の引渡し(ヒミツ科 カラフルファンタジー+毬栗・クリの中身各1つ)をしました。ご褒美は彼岸花ヘッドアクセでした。

10/4に411度目の引渡し(カタチ科 サイコロ・グリーン+オレンジ・黄緑の洋梨各1つ)をしました。ご褒美は彼岸花の群生でした。

コカ・コーラ(インドネシア仕様)

fb079a80.jpg[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/10/1 23:22にメールで下書きして、18/10/2 7:13にPCから掲載したものです。]

2018.7.28に父親がタイから一時帰国した際に、出張先のインドネシアで買って来てくれました。PT. COCA-COLA BOTTLING INDONESIA製で、19.1.24賞味期限です。

味は、フレーバーも甘さも軽めで、炭酸もやや控えめで、スッキリした感じですが、微かな苦味が後を引き締める感じで、なかなか美味しいです。

松竹梅 生貯蔵酒パック

[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/9/30 2:35にメールで下書きして、10:34にPCから掲載したものです。]
P133015718.9.18に酒ゃビック大府店で753円で買いました。FC(伏見工場)製で、2018.6製です。

味は淡麗辛口ですが、常温だと薄い割りにやや辛味が目立つ感じですが、冷やしたら辛さが上手く引っ込み、引っ掛かりが全然なく、すいすい飲めてしまいます。当然ながら冷酒向きでした。欲を言えば、もう少しコクや飲みごたえが欲しいところですが、経済酒としては充分な品質で、買って損はなかったです。

scb_summer2018P1330155b今年は、松竹梅からは4種類の冷酒パックが発売されていて、単純に考えたら、日本酒度が同じなら糖類添加酒の生貯よりも2回火入れした無糖普通酒の方が品質は高いと思うので、『まろやか冷酒』を選ぶのですが、同じ価格で両方ともあったのに、何故生貯パックを選んだかと言えば、石原裕次郎氏が放送開始までに亡くなってしまい、幻となった『祝杯篇』で宣伝する予定だった生貯蔵酒を彷彿させるデザインだったからですが、買って損はなかったです。
もっとも、まろやか冷酒の方も気になるので、900mlパウチ(2012年の初登場時のニュースリリースを見ると、11月頃から秋冬デザインに切り替わるようです)が見つかったり、今回のように900mlパウチの定価(762円)より安く売っていたら買おうと思います。
ちなみに、過去のニュースリリースを見ていてひどいと思ったのが、『夏の辛口(今年は私は見つけられませんでした)』で、2016年に初登場して、2017年までは無糖普通酒だったのですが、今年は2Lから1.8Lに変更されただけでなく、糖類・酸味料添加酒になってしまいました。「後味」「キレ」をさらに強化した酒質に変更したということなのですが、2011年にワンカップ大関淡麗辛口で同様のことが行われた際には「後味」「キレ」は悪化していて、夏の辛口でも同様に悪化したんじゃないかと思います。

松竹梅 天カップ(2016-2018)

[私のスマホから直接投稿できなくなったため、18/9/28 1:15にメールで下書きして、18/9/30 16:57にPCから掲載したものです。]
KIMG0015-118/9/23にイオンワンダーシティ店で124円で買いました。FC(伏見工場)製で、2018.7製です。18.8.7にリニューアルしています。

常温で飲んでいますが、味は淡麗やや辛口で、スッキリしていますが、コクはあまり無く、後味に少し辛さが気になりますが、『プチ スナックビスケット』をつまみながらだと、辛さはある程度目立たなくなり、ぬる燗だと、若干辛さは気になりますが、旨味が際立ち、これはこれでいいと思います。ただこれは冷やした方が良かった気がします。

『極上プレミアム』も気になるのですが、最低でも900mlパックを買わなければならず、愛知県では900mlパックは入手困難で、生貯パックのような惹かれるものはないため、2Lパックは買う気にならないです。そもそも『極上プレミアム』なんて名乗るのなら、大吟醸をブレンドする前に糖類無添加にしろと言いたくなります。

そういえば、とうとう松竹梅でも秋の新商品から『日本酒』表記になってしまいました。『よろこびの清酒』『清酒の精華』がキャッチコピーの松竹梅は『清酒』表記を守ってほしかったです。黄桜はこの秋の新商品でも、ライトユーザー中心と思われる商品は『日本酒』表記で、日本酒通やヘビーユーザー中心と思われる商品は『清酒』表記を守っているので、こういった形での使い分けがいいと思うのですが…。
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Categories
Search
Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Other Blog / SNS
森 康哲の購入報告
 買ったものについて、(できるだけ)リアルタイムに報告するブログです。

森 康哲の煙草コレクション
 煙草コレクションを紹介するブログです。

Facebook
 主に、キャラクターの情報を書いています。

deviantART
 これまでに撮影したキャラクター(着ぐるみ)の写真や、過去に作った作品などを掲載しています。
不思議なピクミー」は、株式会社リズムファクトリーの商標です。株式会社リズムファクトリーに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社リズムファクトリーに属します。
livedoor Profile

森 康哲

E-MAIL mori_yosinori@yahoo.co.jp
年齢 20歳(2010.5.25現在)
血液型 A型 Rh+
詳細データ

QR-Code
QRコード
Comments
  • ライブドアブログ