森 康哲のブログ

[旧称:森 康哲の入手情報]
・当家関係者の閲覧はご遠慮下さい。
・デザインは、解像度XGAで、文字サイズは、
IE:小/Firefox・Chrome:標準を基準に作成しています
大量のスパムが来るようになったため、現在はコメントに画像認証を導入しています。

YONSEI マカダミアチョコ味ミルク

20220628_123348(1)22.2.24にナリタ本店で買いました。延世乳業製で、HTBJAPANが輸入していて、22.8.3賞味期限です。

味は、甘さもミルク感もマカダミアフレーバーもチョコ味も濃厚で、すごく美味しいですが、最後の方はくどくなって来るのも事実です。

清河

20220626_024916(1)買った時期は忘れましたが、左側の英語圏向けのラベルに輸入元シールを貼ったもの(ウリスルジャパンが輸入していて、21.4.5製)はイオン八事店で、右側の韓国国内仕様の並行輸入品(21.4.19製)はナリタ本店で買いました。ロッテ七星飲料製で、21.4.5製です。

味は淡麗やや甘口で、少し独特な渋みと酸味があり、日本の日本酒とは違いますが、これはこれでいいと思います。

ブランドサイトを見ると、韓国国内仕様の並行輸入品は、2019年以降の最新デザインですが、英語圏向けのラベルは、韓国では2013-2019年に販売された一世代前のラベルが元になっているようです。

スターバックス コーヒーチョイス コンフィ

20220614_112701(1)Twitterのキャンペーンで当選して、先月に熱田駅前のセブンイレブンで引き換えました。+TE(日本キャンパック岐阜工場)製で、2023.4賞味期限です。

味は、ミルク感はそこそこ強いですが、コーヒー飲料規格ということもあって、苦味は普通にあるものの、コーヒーのコクはそこそこで、美味しいけれどそこまで感銘は受けないです。

かつてのダブルショットは、140g程度の小さい缶で、価格も高く、当初は話題性で売れたものの、だんだん売れなくなってしまったので、今回は一般的な缶コーヒーと同価格帯の185gで129円に抑えたのですが、結果的に普通に美味しい缶コーヒーの域を出ていない印象です。いっそのこと、ミルクを増やして、乳飲料規格にした方が良かった気がします。

松竹梅「天」飲みごたえ辛口(2021)

20220613_015037(1)「新」マークが入った500mlパック(+E(楠工場)でパック詰めされ、2021.4製)は、時期は忘れましたが、ゲンキー(確か東浦店)で買い、「新」マークのない900mlパック(+FC(伏見工場)製で、2021.8製)は、昨日イトーヨーカドー赤池店で613円で買いました。最後の1本を入手できて良かった…。当初の製品は、複数のスギ薬局でカップ酒が売っていて、難なく入手できましたが、現在は行動範囲の3店舗すべてで取り扱い終了していて、手頃なサイズの入手には苦労します…。

今回は「新」マークが入った500mlパックを飲んでいますが、味はやや淡麗辛口で、ぬる燗だと少しアルコールの匂いが気になりますが、すっきりしていて、アルコール15%で飲みごたえも十分あり、苦味や官能的な辛さもかすかに感じる提供で、なかなか美味しいです。常温でもほとんど印象は変わらないです。
[22/6/14追記]冷酒だとすっきりしますが、旨味が引っ込んでしまい、苦味も少し出てしまいます。冷やさなければ、どう飲んでもそこそこ美味しいという感じか…。

末廣 会津印

20220524_020755(1)11/10に旧友から送って頂いたものです。末廣酒造+T製で、2021.9製です。この500ml瓶は、飲み比べセット用の企画商品のようで、ようやく6本セットの最後の1本になりました。

味はやや濃醇甘口で、糖類無添加ながら割としっかり甘さやコクがあり、ぬる燗だと少し苦味や官能的な辛さがありますが、適度に後味を引き締める感じで、なかなか美味しいです。6本の中では、笹の川に次いで好みです。

[22.5.25追記]常温だと少し苦味が強くなり、少し薬っぽさが出ます。冷酒だとすっきりしますが、やはり苦味が強くなります。これはぬる燗がベストです。

YONSEI メロン味ミルク

20220518_103546(1)22.2.24にナリタ本店で買いました。延世乳業製で、HTBJAPANが輸入していて、22.8.27賞味期限です。

3ヶ月弱常温保存していましたが、輸入元シールには要冷蔵の表記があり、びっくりしましたが、中身に問題はなく、少し濃い目の牛乳に甘さやメロンフレーバーをつけた感じで、なかなか美味しいです。

紹介ページを見ると、バナナ味には日本語パッケージもあり、そこにも要冷蔵の表記がありますが、これは輸入元の知識不足で、延世乳業のサイトを見ると、このシリーズは「滅菌牛乳」に分類されていて、常温保存できるように滅菌処理されているのですが、おそらくHTBJAPANの側は乳飲料だから要冷蔵だろうと思い込んでいて、延世乳業の側には日本語を正確に理解できる担当者がいなくて、そのまま流通してしまったのだろうと思います。

月桂冠 超特撰 特別本醸造

20220512_014420(1)4/10に食品&酒プロマートワールド(他の商品と一緒に注文したら、別々に送料が計上されていて、不安になりましたが、一緒に梱包できたため、1箱分の790円でした)で2240円で注文して、4/26に到着しました。+F(昭和蔵)製で、2022.3製です。

味はやや淡麗辛口で、ぬる燗だとコクはそこそこありますが、少し苦味や官能的な辛さが気になり、ちょっと期待外れな気がしますが、注ぐ時には少し吟醸香があったのが、燗をつけるとほとんど飛んでしまったので、常温や冷酒の方が良さそうなので、明日以降に試します。
[22.5.13追記]常温だと官能的な辛さはほとんど感じないのですが、苦味はやや強く感じます。
[22.5.14追記]冷酒だとすっきりしますが、やはり少し苦味が気になります。常温が一番好みですが、やはりちょっと好みとは違うなぁ…。2017年時点の醸造総責任者の山中洋祐さんのインタビュー記事を読むと、かつてはもっと甘くて優しい味わいだったらしく、時代に合わせて辛口に変化した結果、月桂冠らしさから離れてしまったのではないかと思います。かつての超特撰を飲んでみたかったなぁ…。
[22.5.19追記]その後は、常温やぬる燗で飲んでいますが、まだ少し苦味や辛さは気になりますが、少しずつ抑えられて来て、味が乗って来た感じがします。こういうことがあるから、日本酒は面白いです。
また、現存する超特撰レギュラーは、菊正宗の「極上」と剣菱の「極上黒松」だけだと思っていましたが、「黒松白鹿」を忘れていました。これらも、機会があれば飲んでみたいと思います。

昭和の頃からの歴史ある商品で、贈答用以外にも高級料亭を中心に、飲食店でも一定の需要があったのですが、コロナ禍で、飲食店での需要が大幅に減少して、贈答用や家庭用だけでは採算が取れなくなったようで、3月をもって終売になってしまいました。後継製品は、飲食店向けは「京山水 特別純米」に統合され、贈答用には、栄養成分表示を見る限りではそれをベースにした「超特撰 特別純米 純金箔入(3月頃から特別純米にリニューアルしていますが、ニュースリリースすら出されず、ひっそりリニューアルした不憫な商品なんですよね…)」に統合されたのですが、贈答用にも純金箔入りではない超特撰も一定の需要があるはずですし、家庭用には純金箔入りではない方が割安なので、松竹梅の「上撰豪快」と「上撰辛口パック」のように、贈答用並びに家庭用として、このラベルデザインを受け継いで「超特撰 特別純米」として発売して欲しいと思います。

武蔵の国一之宮のゴールド鬼ころし

20220505_024551(1)時期は忘れましたが、ローソンでPontaポイントで引き換えました。小山本家酒造製で、2021.12製です。

味は淡麗辛口で、常温やぬる燗だと少し苦味や官能的な辛さはありますが、すっきりした中に適度な旨味があり、なかなか美味しいです。販売価格103円なので、ギリギリ旧一級相当の品質だと思いますが、もっと高くても、味や品質が劣るものはあるため、この価格でこれだけの品質なら、結構いいです。

[22/5/8追記]冷酒だとすっきり感は高まりますが、やや苦味が気になります。どう飲んでも悪くないですが、これがベストというのは見つからないです。

白雪 上撰ブルーカップ

20220425_022912(1)3/5に丸千酒店(木曾川駅前の酒屋)で240円で買いました。富士山蔵製で、2022.1製です。
味は淡麗辛口で、すっきりしていますが、常温だと少し苦味があり、ぬる燗だと少し苦味と官能的な辛さが気になります。以前パルカップ(結局数ヶ月で見かけなくなったなぁ…)を飲んだ時は、もっと美味しく感じた記憶がありますが、劣化するほど古くないので、感覚が変化したのか、味が変化したのか…。
[22/4/26追記]冷酒だとすっきり感が向上する一方で、少しだけ温度が上がると、隠れていた甘さや旨味が出てきて、苦味や辛さもほとんど気にならなくなり、なかなか美味しいです。これは冷酒がベストだったか…。

一時期は大関に瓶詰委託していて、カップ自体もワンカップ大関と同じものになっていたのですが、一昨年あたりから自社瓶詰に戻り、形状も変更されたのですが、2021年版カタログからは姿を消しています。その割に、2022年1月製造のものが入手できたので、一部販路では販売継続しているのではないかと推測しています。

笹の川 佳撰

20220422_021453(1)11/10に旧友から送って頂いたものです。笹の川酒造製で、2021.9製です。この500ml瓶は、飲み比べセット用の企画商品のようで、6本セットだったので、順次取り上げていきます。

味はやや淡麗やや甘口で、常温だと少し苦味があり、ぬる燗だとわずかに官能的な辛さを感じるものの、すっきりした中に適度なコクと甘みや酸味があり、糖類添加酒ながらベタつきはなく、少し温度が下がれば、辛さもほとんど気にならなくなり、なかなか美味しいです。ここまで飲んだ5本の中では、これが一番好きです。

[22/4/23追記]冷酒だとすっきり感は高まりますが、やや苦味があり、甘さも薄れてしまいます。ぬる燗と人肌燗の中間あたりがベストだと思います。
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Categories
Search
Other Blog / SNS
森 康哲の購入報告
 買ったものについて、(できるだけ)リアルタイムに報告するブログです。

森 康哲の煙草コレクション
 煙草コレクションを紹介するブログです。

Facebook
 主に、キャラクターの情報を書いています。

deviantART
 これまでに撮影したキャラクター(着ぐるみ)の写真や、過去に作った作品などを掲載しています。
不思議なピクミー」は、株式会社リズムファクトリーの商標です。株式会社リズムファクトリーに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社リズムファクトリーに属します。
livedoor Profile

森 康哲

E-MAIL mori_yosinori@yahoo.co.jp
年齢 20歳(2010.5.25現在)
血液型 A型 Rh+
詳細データ

QR-Code
QRコード
Comments
  • ライブドアブログ