森 康哲のブログ

[旧称:森 康哲の入手情報]
・当家関係者の閲覧はご遠慮下さい。
・デザインは、解像度XGAで、文字サイズは、
IE:小/Firefox・Chrome:標準を基準に作成しています
大量のスパムが来るようになったため、現在はコメントに画像認証を導入しています。

4月のピクミー

画像は、18.1.7/18.2.2現在のPC版コルネコ★ランドです。不定期に画像を掲載しています。
(最終更新:4/3 0:01)18/1/25から連続してティアラです。ありがとうございます。相変わらずピコの数が不安定で、現在はリボンや真珠ばかりです…。
3月は、7日を落としてしまったので、30個のロリポップと、春色チューリップハットを入手できました。相変わらずピコの数が不安定で、3月は1日と15日と17-18日と20日と22-24日と26日と28日と30-31日はリボンで、あとはずっと真珠でした…。

3/25に465度目の引渡し(ハナサキ科 リリーベル・ホワイト+ちらし寿司2つ)をしました。ご褒美はカウボーイスタイルでした。

淡麗グリーンラベル(2020/限定春デザイン缶)

20200331_0054073/18に酒ゃビック大府店で154円で買いました。12(名古屋工場)製で、20.1.下旬製です。

まだ体調不良で、ビール類に関する感覚が全然治っていなくて、渋みばかり感じるのですが、志村けんさんの訃報を知り、今晩はこれを飲むことにしました。写真にはありませんが、2016年に肺炎で倒れるまで吸っていた「アメスピ・オーガニックミント・ウルトラライト」を吸いながら、献杯いたしました。
大好きな芸能人の1人だったので、相当ショックです。改めて、ご冥福をお祈り致します。

大の酒好きとして知られる志村けんさんは、サントリーライツ→淡麗グリーンラベル→サントリー「いい湯だよ!全員集合」キャンペーン→キリン氷結のCMに出演していて、私は特に、ドリフターズのそっくり外国人と共演した淡麗グリーンラベルのCMが印象に残っています。一番好きなお酒は焼酎だったのですが、焼酎のCMには出演できず仕舞いでした…。

3月のピクミー

画像は、18.1.7/18.2.2現在のPC版コルネコ★ランドです。不定期に画像を掲載しています。
(最終更新:4/2 7:30)18/1/25から連続してティアラです。ありがとうございます。相変わらずピコの数が不安定で、現在はリボンや真珠ばかりです…。
3月は、7日を落としてしまったので、30個のロリポップと、春色チューリップハットを入手できました。相変わらずピコの数が不安定で、3月は1日と15日と17-18日と20日と22-24日と26日と28日と30-31日はリボンで、あとはずっと真珠でした…。

3/25に465度目の引渡し(キノコ科 マッシュ・ピンク+ピンク・水色のカフェラテ各1つ)をしました。ご褒美はいちご祭りワンピースでした。

3/18に464度目の引渡し(クロバー科 ヨツバ・パステル+角帽2つ)をしました。ご褒美はいちごカバーでした。

3/4に463度目の引渡し(ベリー科 フレーズ・グリーン+ちらしずし2つ)をしました。ご褒美は白雪ドレスでした。

沢の鶴 米だけの酒 旨さそのまま10.5

20200214_014156(1)12/14にYストア平和店で税別618円で買いました。S製で、2019.3製です。2019/11に糀2倍の純米酒にリニューアルされています。

味は淡麗やや甘口で、アルコール10.5%の割には物足りなさは感じないですが、ぬる燗で飲むと、酸味とレーズンのような香りと渋みが強調されて、結構複雑な感じで、これはこれで悪くないですが、好みとはちょっと違う感じです。常温の方が、酸味や香りが強すぎず、適度なアクセントになる感じで、お燗はしない方が好みです。

[20/2/15追記]冷酒だと、若干旨味は抑えられますが、すっきり感が際立ち、これも美味しいです。個人的には冷酒がベストですが、改めてぬる燗を飲むと、冷酒とは違った複雑さがあって、これも結構いいんだよなぁ…。

台湾啤酒 果微醺 荔枝(台湾ビール スイートタッチ ライチ)

20200210_011833(1)19.9.3に横浜中華街の「さかもと」で280円で買いました。烏日工場製で、19.2.27製です。既に台湾行きのチケットは取っていたし、関税を払っても現地の方が安いのに、何故現地の2倍強(ウェルカム農安2店では36元)で買ったかというと、現地で買う量を減らしたかったのですが、結果的にお金もスーツケースもギリギリだったので、買ったのは間違っていなかったです。

見た目に反して、香りも味も、ライチの方がかなり強く、果汁が9%入っているだけあって、ライチらしい甘さが結構強く、ビールのコクや苦味はほとんど感じられないですが、後味のライチの種のような渋みが、後味を適度に引き締めてくれて、なかなか美味しいです。

2月のピクミー

画像は、18.1.7/18.2.2現在のPC版コルネコ★ランドです。不定期に画像を掲載しています。
(最終更新:3/3 12:54)18/1/25から連続してティアラです。ありがとうございます。相変わらずピコの数が不安定で、現在はリボンや真珠ばかりです…。
2月は、22日を落としてしまったので、28個のロリポップと、卒業ウサミーを入手できました。相変わらずピコの数が不安定で、2月は1-3日と12日と21日と23日と25日はリボンで、あとはずっと真珠でした…。

2/25に461度目の引渡し(ピクシダ科 ユラユレル・ホワイト+サクランボミックスアイス2つ)をしました。ご褒美は毒リンゴでした。

2/17に460度目の引渡し(ヒミツ科 バレンタイン・ラブ+白と赤のハートセーター2つ)をしました。ご褒美はアンティークパンプスでした。

2/9に459度目の引渡し(カタチ科 サイコロ・グリーン+ホワイト・ブラウンのチョコペンでLoveと書かれたハートチョコ各1つ)をしました。ご褒美はアンティークベレー帽でした。

2/1に458度目の引渡し(アシフミ科 トコトコ・グリーン+青と紫の羽子板2つ)をしました。ご褒美はショコラエプロンワンピでした。

月桂冠 上撰(五合瓶&900mlさけパック)

20200128_013813~2五合瓶(F(昭和蔵)製)は1/6にAmazonの「おいしく飲呑会(現在でも在庫があります)」で826円で注文しました。900mlさけパック(O(大手蔵)製)は11月頃にヤマナカ大府フランテ館で買いました。共に2018.12製です。

ぬる燗で飲んでいますが、すっきりした中に、柔らかい甘さとコクがあり、なかなか美味しいです。大手の上撰では、燗では月桂冠が一番好きです。

gekkeikan9002010年代に入り、大手の五合瓶が急速に姿を消していて、昨秋には、私が日本酒に興味を持った2000年代前半には特撰・上撰・佳撰が揃っていた(Internet Archiveを調べると、2012年9月2日現在を最後に佳撰が、2014年4月2日現在を最後に特撰が姿を消しています)月桂冠まで消えてしまい、現在は松竹梅と剣菱のみになってしまいました。900を象った独特なラベルと瓶の形状が好きだったので、Amazonで取り寄せました。
900mlさけパックは、既に「日本酒」表記に移行していますが、たまたま「清酒」表記のパックを発見したので、買いました。
「日本酒」表記に移行した際に、月桂冠のロゴの太さが3段階あったのが、最も細いものに統一されています。 看板商品の特撰・上撰・佳撰の一升瓶のロゴに統一されたので、全否定はできないですし、中間のロゴから細いロゴに変更されたさけパックはさほど変わらないですが、一番太いロゴから一番細いロゴに変更された化粧箱(前面の「清酒」表記まで消えてしまいました…)やエコカップやキャップエースは、物足りない印象になったので、やはり従来通りのロゴにして欲しかったです。

BUSCH(雪山啤酒/台湾仕様)

20200127_013413(1)12/1にハイライフ(萊爾富便利商店)桃園郵驛店で買いました。百威英博雪津啤酒有限公司(ABI雪津工場)[1/28修正]製で、19.8.16製です。アメリカ製の355ml缶も見かけましたが、私が入手できたのは雪津工場製でした。

若干の酸味や穀物系の匂いがありますが、コクや苦味は控えめで、引っ掛かりなく飲めるアメリカンビールらしい美味しさで、なかなか美味しいです。
ブッシュはアンハイザーブッシュの廉価ブランドで、日本でも1990年代半ばに輸入されていたことがあるのですが、ビール類の税制統一で、安いビールは人気が出ると思うので、中国製でも良いので、ぜひ復活させて欲しいと思います。
[1/28追記]ブッシュとは逆に、プレミアム製品のバドワイザー・シュープリームも発見して、これも飲んでみたかったですが、現金払いのみの勝立生活百貨でしか見つからず、既に買う余裕がなく、入手できませんでした…。

新型コロナウィルスの犠牲者のご冥福、患者の回復を心からお祈り致します。 
武漢には、ABI中国の本社と主力工場があり、コロナウィルスが長引くと、当然ながらバドワイザーなどの供給にも影響を及ぼすので、そういった意味も含めて、1日も早い終息を、心からお祈り致します。

台灣啤酒 小麥啤酒

20200120_010201(1)11/30にウェルカム(頂好超市)農安2店で34元で買いました。烏日工場製で、19.8.14製です。

ヴァイツェンらしいフルーティーな香りで、味も苦味が控えめで、適度な酸味があり、柔らかな飲み心地で、飲みやすくて、結構美味しいです。

20200120_005354(1)台北限定ボトルも85元で買いました。缶と同様のデザインの紙ラベル瓶もありましたが、そちらは20元位安かったと記憶しています。
台北限定ボトルは、台北工場製のクラフトビールですが、缶と紙ラベル瓶は烏日工場製の量産品です。現在は、量産品は他の3工場に移管して、台北工場ではクラフトビールばかり製造しているようです。

台北工場の売店では、生の小瓶やクラフトビールやグラスが販売されているという情報があったので、12/1に台北工場に行きましたが、残念ながら公休でした…。

レーベンブロイ(韓国製)

20200116_010800(1)(1)確か先週にすぎた大府店で買ってもらいました。OBビール製で、20.9.5賞味期限です。

アサヒ製レーベンブロイは飲みそびれたので、比較できないですが、香りやコクや苦味は控えめで、飲みやすくて、結構美味しいですが、あまりドイツビールらしくなく、プレミアOBピルスナーに近い印象です。

今ではレーベンブロイとベックスという、ドイツビールの2大ブランドの両方がABI傘下に入り、ベックスは300円近くまで値上がりして、プレミアム路線になったのに対し、レーベンブロイは韓国製になった代わりに、200円弱の実売価格を保っていますが、国産プレミアムと同程度まで値上がりしても、ドイツ製になった方が嬉しかったです。
むしろ、カース・フレッシュは水っぽい典型的な韓国ビールで、日本人には薄すぎる(実際、韓国では焼酎と混ぜた「爆弾酒」として飲むことが多いようで、かつては同じ斗山グループだった鏡月と提携して、爆弾酒を提案するなら話は別ですが、ロッテ酒類は「クラウド」というビールを発売していますし、そもそも爆弾酒自体が日本人には向かないと思うので、受け入れられるとしても韓国料理店位でしょう…)と思いますが、プレミアOBピルスナーは韓国ビールではトップクラスの美味しさで、日本人にも十分受け入れられる味わいなので、韓国での日本ビール不買運動が終息してからでも良いので、プレミアOBピルスナーをABIジャパンが輸入して欲しいと思います。
また、OBビールではFiLGOODという発泡酒を韓国で発売したので、日本では新ジャンルとして、ハイトにおけるプライムドラフトのように、ABIジャパンが輸入して欲しいと思います。クジラをデザインした缶がかわいいので、味が気に入れば、普段から飲むと思います。
(同様に、ハイトではFiLiteという発泡酒が発売されていて、これも象をデザインした缶がかわいいので、新ジャンルとして眞露が発売して欲しいと思います)
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Categories
Search
Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Other Blog / SNS
森 康哲の購入報告
 買ったものについて、(できるだけ)リアルタイムに報告するブログです。

森 康哲の煙草コレクション
 煙草コレクションを紹介するブログです。

Facebook
 主に、キャラクターの情報を書いています。

deviantART
 これまでに撮影したキャラクター(着ぐるみ)の写真や、過去に作った作品などを掲載しています。
不思議なピクミー」は、株式会社リズムファクトリーの商標です。株式会社リズムファクトリーに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社リズムファクトリーに属します。
livedoor Profile

森 康哲

E-MAIL mori_yosinori@yahoo.co.jp
年齢 20歳(2010.5.25現在)
血液型 A型 Rh+
詳細データ

QR-Code
QRコード
Comments
  • ライブドアブログ